プログラミング学習法

プログラミングを学ぶなら独学とスクールのどちらが良いか比較してみた

プログラミングの学び方として、大別すると独学かスクールになります。

プログラミングは独学可能でしょうか?スクールに通った方が良いでしょうか」という質問はQAサイトなんかでもよく見かけます。

果たして、この問いに明確な答えはあるのでしょうか?

※ここでは勉強法についての内容なので、特定のプログラミング言語に偏ったことには言及しません。

プログラミングを独学する場合

独学する場合の代表的な方法として、書籍とWebサイトを使う方法があります。

これらの方法で正しい手法を学ぶことは十分に可能です。

また、あなたのレベルはあなた自身がよく把握していると思いますので、その時点の自分にあった教材を選ぶこともできるでしょう。

 

特にあなたが必要に迫られていなくて、ただ勉強したいと思われているのであれば、独学で十分だと言えます。

実際に困る場面は少ないでしょう。

 

ただし、もし明確な理由、必要に迫られて学んでいる場合、ひとつ問題が出てきます。

それは

トラブルが発生した時に自力で解決する必要がある

という点です。

 

プログラミング学習はトラブルの連続です。

数々のトラブルを解決していくことがプログラミング学習であると言っても過言ではありません。

 

特にパソコンの環境なんてものは人それぞれなので、教材が万人に対応することは不可能なのです。

また、やっかいなことにプログラミング学習で発生するトラブルは、何分で解決できるかがわかりません。

下手したら1日かかっても解決できないことだって普通に起こります。

 

上記のような理由から、プログラミングを学んだうえでやるべきことに締め切りが設定されている場合、独学はおすすめできません。

プログラミングスクールに通う場合

次にプログラミングスクールに通う場合について考えてみます。

プログラミングスクール通った場合、独学の時のようにトラブルで時間を浪費するという事態は避けることができます。

なぜなら、すぐに講師に聞けるからです。

 

オンライン形式のプログラミングスクールであっても、チャットやメールで質問できるので、解決可能でしょう。

 

それなら何も迷うことなくプログラミングスクールに行けば?となりそうなのですが、プログラミングスクールの受講料は高額なのです。

つまり、プログラミングスクールがおすすめできるのは受講料が払える方に限定されます。

 

↓のように中には無料のプログラミングスクールもあるのですが、このようなところは、卒業後にスクールと提携している企業に就職することが条件だったりします。




よって、勉強目的の場合、スクールの費用はどうしてもかかってしまいます。

 

 

プログラミングの勉強

プログラミングの勉強の仕方は主にふたつの方法があります。

  • 書籍を読んで独学で勉強する
  • 民間のプログラミングスクールへ習いに行く

書籍で独学する場合

書籍を読んで勉強する場合、分からない部分が出た時に、なかなか前に進まなくなる事があります。

 

また、書籍に書いてある内容というのは断片的である場合が多く、それで複合的な処理を実装するのはある程度上達してからでないとなかなか難しいです。

 

それと企業のソフトウェア開発というのはチームで開発するのが普通なので、そのチーム内のルールが理解できなかったら戸惑う事があります。

 

独学は費用があまりかかりませんし、自分のやりたいペースで勉強する事ができるのがメリットかなと思います。

プログラミングスクールへ行く場合

プログラミングスクールへ行く場合、それなりに費用がかかりますが、実際の開発現場を経験したことのあるインストラクターが講師をされている場合が多いので、チーム開発のメソッドを直に学ぶ事ができます。

もし今後、あなたがメーカーやソフトハウスに入ってチームで開発する場合には、スクールでチームで開発する手法を学ぶことができますので、その点、個人で勉強するより有利といえます。

 

まとめ

私は一旦はどこかでソフト開発についてはインストラクターについて、いろんな方法を学ぶ方が合理的と考えます。

プログラム開発は1人でやる場合、集団でやる場合、最近では集団で開発する機会が多いですから、そういう場合の方法を学んで置くことは良いと思います。

 

 

-プログラミング学習法

© 2021 プログラミングスクールの口コミ、評判集 Powered by AFFINGER5